新着情報
2022-01-22
見 学 先:品川・高輪・三田をめぐり、文明開化をしのぶ
     昔の東海道は現在の神奈川県を越えたあたりでは東京湾の海浜部を通っていました。東海道はいにしえか
     ら拓かれてきましたが、江戸時代では五街道の一つとされ、大木戸が設けられ、春から初夏にかけての参
     勤交代では品川宿は江戸への玄関口となりました。街道の西側には高輪の台地が迫っています。ここには
     高台から海浜を見晴るかす絶景を求めて大名の屋敷等が多くつくられ、漁師町・宿場町は大いに賑わった
     と伝えられています。高輪には四十七士で名高い泉岳寺や西郷・勝会談のゆかりの地もあり、維新後は鉄
    道が通り、武家屋敷の多くは皇族や富豪達の邸宅などに変わってゆきます。その好例は三田の慶応義塾大
    学です。今回はそれらのいくつかを辿って、幕末から維新・文明開化への足跡に思いをいたしてみます。    
     ※第34回見学会は、実施できなかった第28回のコースを若干アレンジして実施いたします。
     ※見学予定コース案内図は、当会事務局にお求めください。    

開催期日:2022(令和3)年1月22日(土)午前11時~4時頃※(予定)
     ※ Aコース:午前11時~午後1時、Bコース:午後1時~4時 A~B通しての参加も歓迎します。
     ※ 小雨決行/ただし、悪天候等により一部を変更や中止の場合があります。

      集合場所;Aコース|京浜急行新馬場駅 北口改札付近; 集合時刻;12時45分【時間厳守】
           Bコース|旧竹田宮邸洋館(高輪プリンスホテル貴賓館) 同上:12時45分【同上】  
解散場所:JR山の手線 田町駅西口

募集人員:10名(総計|先着順/締め切りまたは定員に達したところで打ち切らせていただきます。)

参 加 費:参加費は無料ですが、資料代として300円(A・Bコース共通/印刷実費)を申し受けます。
     ※コース途中で交通機関を利用する場合の運賃や見学施設の入場料金等は含まれていません。
     
お申込み:参加ご希望の方は、次の事項を記して、申込み締切日までに当会事務局宛てにお申込み下さい。
     ①参加コース種別(Aコース・Bコース)、②お名前、③ご住所、④連絡先(当日でも参加者ご本人に連
     絡のつく携帯電話などの連絡方法)
     ※どなたでも参加いただけます。ただし12歳未満の方やご自身での行動が不自由な方は、保護者や介護者がご同伴ください。



     
2021-10-01
★ご案内
みなさまお変わりありませんか。
❝たてもの・まちなみ・景観を考える市民の会❞からのお知らせです。
昨年(2020年)の10月より、当会恒例の見学会はこの長く続きましたコロナ禍の為、延期や中止を繰り返してきました。
その結果、それ以来、見学会を実施することができないまま今日に至っています。
本日(2021年10月1日)より緊急事態宣言が都内でも全面的に解除されました。
しかしながら、専門家の中には第6波の到来は避けられないという懸念をされている方もおられます。
当会では、緊急事態宣言の解除を受けて、来年(2022年)1月から従来通りの見学会を開催したいと計画しています。
もちろん参加者のみなさまの感染防止に努めつつも、見学先や見学途上での方々への拡散防止にも留意して、適切な予防策を十分に講じなければなりません。
近く企画を立案し、このHP上でもご案内したいと存じています。
その折には、どうかご参加いただけますようにお願い申し上げます。

2021年10月1日
❝たてもの・まちなみ・景観を考える市民の会❞
代表 川田伸紘


●事務局 Eメール info@tmk-shimin.net
FAX    0422-22-5554


2021-05-15
見 学 先:梶野町界隈をめぐる/武蔵野周辺の地域めぐり-第二ラウンドの1
しばらく前に武蔵野市内と三鷹市内をそれぞれ三回に分けて歩きまし    た。その第二ラウンドとして、そのさらにそのまた周辺部に目を向けてめぐってみたいと思います。
その第一回目として、小金井市の東部、武蔵野市に接する地域である梶野町界隈に訪れてみることにしました。この地域を含む辺りは玉川上水堤沿いの小金井桜見物で賑わい、井の頭弁財天への参詣とともに江戸期以来のの名勝地として親しまれて来ています。 

開催期日:2021(令和3)年5月15日(土)午後1時~4時頃(予定)
     ※ 小雨決行/ただし、悪天候等により一部を変更や中止の場合があります。

集合場所; JR中央線 東小金井駅下車 改札を出たところ
集合時刻;12時45分【時間厳守】  
解散場所;JR中央線 武蔵小金井駅の駅頭

募集人員:10名(先着順/締め切りまたは定員に達したところで打ち切らせていただきます。)

参 加 費:参加費は無料ですが、資料代として300円(予定額/印刷実費)を申し受けます。
     ※コース途中で交通機関を利用する場合の運賃や見学対象施設の入場料金等は含まれていません。
     
お申込み:参加ご希望の方は、次の事項を記して、申込み締切日までに下記宛てにお申込み下さい。
     ①お名前、②ご住所、③連絡先(当日でも参加者ご本人に連絡のつく携帯電話など)
     ※どなたでも参加いただけます。ただし12歳未満の方やご自身での行動が不自由な方は、保護者や介護者がご同伴ください。

申込締切:2021年5月11日(火)/締切日前でも、定員枠に達したところで締め切らせていただきます。
    
申込み先:当会の事務局宛てにメールまたはFAXでお申し込みください。     

※ 感染予防策等、健康管理や道路交通上の安全確保には、各自で十分にご注意ください。

以上

写真:小金井市立文化財センター(浴恩館)

たてもの・まちなみ・景観を考える市民の会 事務局
 〒180-0002 東京都武蔵野市吉祥寺東町 2-28-5(K設計工房気付/川田)
 tel. 0422-22-1244 / fax. 0422-22-5554
  E-mail info@tmk-shimin.net  URL http://www.tmk-shimin.net

2021-04-11
■新型コロナ感染症の蔓延はまだまだ終息も収束の気配もありません。
わたくしたちの会の活動もずうっと頓挫しています。
ですが、できれば開催したいと願い、プラン(素案)を作成しました。
さしあたりは『第33回対話の会』のご案内です。
これは会議として行う内容のため、リモート(Eメール)で行います。

〇開催日時:4月11日(日)AM10:00~12:00の間

〇主な内容:①第33回見学会(5/15)について(開催可能栄を含む)
      ②第34回以降の見学会の企画について(同上)
      ③その他

〇ご意見、ご提案等をお寄せください。


以上

写真;創建時の築地本願寺(国立博物館)


たてもの・まちなみ・景観を考える会 事務局
 〒180-0002 東京都武蔵野市吉祥寺東町 2-28-5(K設計工房気付)
 tel. 0422-22-1244 / fax. 0422-22-5554
   E-mail : info@tmk-shimin.net

2020-08-11
■私たちの会の名称でもある「私の好きな『たてもの・まちなみ・景観』の写真」を、みなさまご自身で選んで広めていただきたい、という趣旨から募集していました写真ですが、このほどまでに64点集まりました。
当所は展示会やそれらを囲んでの語らいの集いなどを開きたいと考えていましたが、なかなか今の私たちの力では難しいので、これらを取りまとめて小冊子としました。

●『私の好きな「たてもの・まちなみ・景観』の写真集の第2集を頒布しています。
ご希望の方は事務局にお知らせください。

・PDF版は無料です。
 Eメールでお送りいたします。(約12MB)
・ペーパープリント版は、実費として本体460円、送料220円でお送りいたします。


・申し込み先

たてもの・まちなみ・景観を考える会 事務局
 〒180-0002 東京都武蔵野市吉祥寺東町 2-28-5(K設計工房気付)
   E-mail : info@tmk-shimin.net